メロン日記

5歳の娘・メロンと過ごす日々

保育園の個人面談

こんばんは、メロンママです。

先日、メロンの通う保育園で個人面談がありました。

お友達にぶたれたり、噛まれたり、おされたり…というトラブルが多いのですが、

もちろんお友達がそういう行動をとるには理由があります。

それは、メロンがお友達を注意してしまうこと。

「それは先生が持つから持ったらダメだよ」

「エレベーターのボタンは押したらダメだよ」

「静かにしなきゃダメだよ」

そういうことをすぐに指摘してしまうんですよね。

しかも、けっこう強い口調で言うそうです。

確かにメロンの発言は間違っていません。

でも、それを先生ではなくお友達に注意されることで、嫌な気持ちになる子は多いと思うのです。

先生は「正義感の強い性格はメロンちゃんの長所だと思う」と言ってくださいましたが、メロン自身が気付いて変わらないと、この先嫌われ者になってしまいそうで。

今までは「メロンは間違ってないよ。でもね…」という言い方をしていましたが、

今回は「メロンに注意されて、○○君は嫌な気持ちになったからたたいたんじゃないかな?たたくのはいけないことだけど、メロンだって○○君の嫌がることをしたんだよ。先に嫌なことをしたのはメロン。注意するのは先生の役目。お友達に注意はしない。」という言い方をしました。

理解はしてくれたと思うのですが…。

色々な子が居て、色々な考え方がある。

保育園とは言え社会の縮図です。

様々な経験をしていってくれたらいいなぁと思います。